利尻島でサイクリングをしよう!【見どころ攻略!旅プラン紹介】

1. 利尻島 サイクリングコース

コース情報

  • 距離:55.1 km
  • 獲得高度:352 m
  • コース上の見どころ:ペシ岬展望台姫沼展望台オタトマリ沼メヌウショロ沼夕日ヶ丘展望台

高度グラフ

高度グラフ – 利尻島

2. 利尻島とは

利尻島は、北海道の北部に浮かぶほぼ円形の島です。日本の島嶼部では18番目の大きさです。島の大部分は利尻礼文サロベツ国立公園に属しており、利尻富士との異名を持つ利尻山にはいろいろな種類の高山植物が分布していています。

水産業観光が主な産業で、中でも利尻昆布は高級品として全国的に有名でもあります。

お土産は昆布で決定ですね!

3. 利尻島 見どころ

ペシ岬展望台

ペシ岬は、鴛泊港の近くにある岬で、その展望台からは利尻山礼文島稚内サハリン等、360度の絶景ロケーションを見渡す事ができます。

また、朝には日本海に昇る朝日を拝むことができます。

姫沼展望台

利尻島北部に位置する姫沼展望台からは、最も美しい利尻富士が見られると言われています。

オタトマリ沼

オタトマリ沼は利尻島で一番賑わいを見せるとも言われる大人気観光地です。アカエゾマツの原生林に囲まれた自然豊かな美しい沼は、人工物が一切視界に入らず、思う存分に山と湖の景色が楽しめる絶景スポットとなっています。

メヌウショロ沼

メヌウショロ沼は利尻島南部に位置する南浜湿原にあります。以前は知る人ぞ知る花と自然の穴場スポットだったようですが、現在は観光バスの観光ルートの一つになっているようで、団体客も見に来る賑やかな場所になっています。

夕日ヶ丘展望台

夕日ヶ丘展望台は鴛泊港から徒歩で30分程度のところに位置し、その名の通り島一番のサンセットスポットとなります。

4. 利尻島 アクセス

利尻島へはフェリー飛行機を使って行くことができます。

フェリーの場合は稚内港から約1時間30分で行くことができ、時期にもよりますが一日24本就航しています。運賃は2,240円から。

また飛行機の場合は、JAL丘珠空港(札幌)、もしくはANA新千歳空港から利尻空港まで約50分で行くことができます。なお、東京からの直行便は2018年時点ではありません。

5. 利尻島 おすすめ旅プラン

離島は交通機関のダイヤも限られているため、綿密な旅行計画が必要になります。そこで、おつじからおすすめの旅プランをご提供いたします。

礼文島まで来たなら、お隣の利尻島もセットで旅をしよう!

礼文島でサイクリングをしよう!【見どころ攻略!旅プラン紹介】

※料金について:飛行機は通常料金、フェリーは2等室

※時期について:2019/6/1~2019/9/30時の時刻表・料金表を基に作成

日程時間場所備考値段
1日目10:45発羽田空港
(1時間55分)↓ 飛行機ANA571便43,490円
12:40着
12:50発
稚内空港
(40分)↓ 連絡バスリムジンバス稚内空港線600円
13:30着
14:55発
稚内港バスで稚内駅下車、徒歩10分で稚内港へ
(1時間55分)↓ フェリーHeartLandFerry2,800円
16:50着香深港(礼文島)
港付近散策・宿泊
2日目9:00~
16:00
礼文島サイクリング
16:35発香深港(礼文島)
(45分)↓ フェリー
HeartLandFerry 910円
17:20着鴛泊港(利尻島)
港付近散策・宿泊
3日目 9:00~
16:00
利尻島サイクリング
17:45発鴛泊港(利尻島)
(1時間40分)↓ フェリーHeartLandFerry2,500円
19:25着稚内港
港付近散策・宿泊
4日目稚内観光
11:55発稚内駅前
(30分)↓ 連絡バスリムジンバス稚内空港線 600円
12:25着
13:15発
稚内空港
(2時間)↓ 飛行機ANA572便43,490円
15:15着羽田空港

6. 利尻島 宿泊施設

利尻マリンホテル

ペンション群林風(グリーンウィンド)

旅館 雪国

7. 利尻島 リンク集

参考 りしぷら利尻島 体験観光情報ポータルサイト 参考 利尻富士町利尻富士町 参考 利尻町利尻町 参考 ハートランドフェリー ホームハートランドフェリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です