天売島でサイクリングをしよう!【見どころ攻略!旅プラン紹介】

1. 天売島 サイクリングコース

コース情報

  • 距離:10.96 km
  • 獲得標高:177 m
  • コース上の見どころ:厳島神社・黒崎海岸・ウトウ繁殖地・観音埼展望台・天売島灯台

高度グラフ

高度グラフ – 天売島

2. 天売島とは

天売島(てうりとう)は、羽幌港から西に30kmの日本海に浮かぶ島です。

島の北西海岸は断崖が続き、ウミガラス(オロロン鳥)ウトウなどの海鳥の繁殖が確認されて、1938年には「天売島海鳥繁殖地」として国の天然記念物に指定されています。さらに1982年には、国指定天売島鳥獣保護区(集団繁殖地)に指定されています。

漁業観光が主な産業です。そして天売島には羽幌町立の北海道天売高等学校(3年制定時制)という、全国から生徒を募集するちょっと変わった高校もあります。

また島には食事処が2件ありますので、島内で食料を調達する必要はありません。

3. 天売島 見どころ

厳島神社

フェリーターミナルからは1キロほどに位置する厳島神社。山側にあり海は見えません。毎年6月に豊漁祈願の島をあげてのお祭りが行われるそうです。

黒崎海岸

黒崎海岸は天売島の西南部にあります。岩礁には海鳥がたくさんいるのを見ることができます。いろいろネットで調べると、この付近はマムシが出てくることがあるようです。

ウトウ繁殖地

天売島はウトウという海鳥の繁殖地として有名で、世界一の規模を誇るようです。

ウトウは潜水能力は高く、水中を泳ぎまわることができるみたいです。記録では水深60mまで潜り、また2分間の潜水時間が観察されたようです。

観音埼展望台

観音崎展望台は天売島の西岸にあります。夕暮れにはウミネコがねぐら入りする様子が見られます。

天売島灯台

赤白のストライプが特徴的な灯台です。

4. 天売島 アクセス

天売島へはフェリーを使って行くことができます。

羽幌港から約1時間30分で行くことができ、時期にもよりますが一日16本就航しています。運賃は2,290円から。

急患が発生した場合は、自衛隊や札幌などからヘリコプターによる輸送が実施されるようです。

せっかく天売島まで来たなら、隣の焼尻島にも行ってみましょう!

5. 天売島 おすすめ旅プラン

隣の焼尻島とセットにした旅プランです。時間のない方向けに12日に押し込んでいます。

焼尻島でサイクリングをしよう!【見どころ攻略!旅プラン紹介】
日程時間場所備考値段
1日目7:00発羽田空港
(1時間30分)↓ 飛行機ANA05136,760円
8:30着
9:00発
新千歳空港
(37分)↓ 鉄道JR快速エアポート91号1,070円
9:37着
10:00発
札幌駅
(3時間13分)↓ バス沿岸バス株式会社
特急はぼろ号12便
(完全予約)
4,010円
13:13着
13:15発
羽幌本社ターミナル
15分↓ 徒歩1.1km
13:30着
14:00発
羽幌港
(1時間35分)↓ フェリー羽幌沿岸フェリー2,470円
+850円(自転車)
15:35着
天売島
天売島観光・宿泊
2日目天売島観光・宿泊
10:25発天売島
(25分)↓ フェリー羽幌沿岸フェリー 780円
10:50着焼尻島
焼尻島サイクリング
13:45発焼尻島
(35分)↓ フェリー(高速船)羽幌沿岸フェリー 2,910円
+850円(自転車)
14:20着羽幌港
(15分)↓ 徒歩
14:35着
15:00発
羽幌本社ターミナル
(3時間15分)↓ バス沿岸バス株式会社
特急はぼろ号25便
(完全予約)
4,010円
18:15着
18:35発
札幌駅
(37分)↓ 電車JR快速エアポート184号1,070円
19:12着
20:30発
新千歳空港
(1時間40分)↓ 飛行機ANA082 36,760円
22:10着
参考 時刻表・運賃表など羽幌沿岸フェリー 参考 天売島へのアクセス羽幌町

6. 天売島 宿泊施設

旅館 青い鳥

7. 天売島 リンク集

参考 天売島小さな地球 天売島 参考 羽幌町羽幌町 参考 羽幌沿岸フェリー ホーム羽幌沿岸フェリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です