奥尻島でサイクリングをしよう!【見どころ攻略!旅プラン紹介】

1. 奥尻島 サイクリングコース

コース情報

  • 距離:66.21 km
  • 獲得標高:654 m
  • コース上の見どころ: 鍋釣岩・うにまるモニュメント・青苗岬徳洋記念碑・時空翔・奥尻島津波館・無縁島・北追岬公園・賽の河原公園・宮津弁天宮

高度グラフ

高度グラフ – 奥尻島

2. 奥尻島とは

奥尻島(おくしりとう)は、北海道南西部の日本海に浮かぶ島です。

島全体で奥尻町をなしています。島のほぼ中央に聳える標高584mの神威山(かむいやま)を中心に比較的なだらかな斜面が続き、四方に集落や港が点在しています。東部の奥尻港周辺と南部の空港の近くに人家が集中しています。

おもな産業は、観光と漁業で、夏は特にウニイカが獲れます。

1993年に起こった北海道南西沖地震の津波によって200人以上の死者を出してから、大規模な津波対策に取り組んでいる島です。

3. 奥尻島 見どころ

鍋釣岩

鍋釣岩は奥尻港の南にある真ん中に穴の開いた不思議な形をしている安山岩の貫入岩です。 鍋の取っ手みたいな形をしているので、鍋釣岩というらしいです。

うにまるモニュメント

うにが特産品の奥尻島ならではのモニュメント。うにまる公園の中にこのモニュメントはあります。

うにまる公園では21世紀へのメッセージを収納した保管収納庫があります。町をあげて、平成元年6月から平成2年3月にかけて「愛はおくしり島でめぐりあう」のキャッチフレーズに全国からメッセージを集め、2001年(21世紀)と2009年(1989年から20年後)に届けするという事業を行っていたようです。

青苗岬徳洋記念碑

青苗岬徳洋記念碑は明治13年に青苗沖に座礁した英国軍艦アイアン・デュークを、島民や他国軍艦と協力して救助に当たったことを記念し建立されたものです。

時空翔

時空翔北海道南西沖地震で犠牲になった方々の慰霊碑です。石碑のくぼみは、震源地となった南西沖を向いています。

奥尻島津波館

北海道南西沖地震 から8年、2001年にオープンした「奥尻島津波館」は、災害の記憶を忘れないために、またそこから学んだ教訓を後世に残すために建てられました。

北追岬公園

北追岬公園には特徴的な数々のモニュメントが存在しています。そもそも奥尻島は記念碑やアーティストの手による彫刻など、さまざまな作品が島内に点在し、まるで島全体が野外美術館のような趣です。

世界的な彫刻家・流政之氏によって制作されたこの公園のモニュメントは、美しいフォルムが、水平線をバックにくっきりと浮かび上がり、独特の景観をつくり出しています。

賽の河原公園

島の北端に細く突き出た稲穂岬にある賽の河原公園は、道南5大霊場のひとつに数えられています。石の塔が無数に積み上げられた慰霊地として有名で、近くには食堂もあります。

宮津弁天宮

宮津弁天宮は江戸時代末の天保2(1831)年に島民が大漁祈願のためお社を建てたのがはじまりです。お社は海に突き出た岬の急斜面を登った頂上にあります。

4. 奥尻島 アクセス

奥尻島へのアクセス方法は、からです。

海からのアクセスは、フェリー江差町せたな町から運航しています。江差町からはおよそ2時間10分、せたな町からはをおよそ1時間35分。

空からのアクセスは、函館空港から奥尻空港まで定期便が運航しています。

5. 奥尻島 おすすめ旅プラン

2泊3日の奥尻島旅プランです。一日プラスして函館を観光するのも良いかもしれません。

2019/1/1~4/30のダイヤを基に作成しています。

日程時間場所備考値段
1日目7:15羽田空港
(1時間20分)↓ 飛行機ANA4757 33,490円
8:35
9:20
函館空港
(20分)↓ バス函館タクシー株式会社
シャトルバス
450円
9:40
10:09
函館駅
(2時間27分)↓ バス函館バス
函館江差線
1,880円
12:24
12:30
姥神町フェリー前
(5分)↓ 徒歩300m
12:35
13:00
江差港
(2時間20分)↓ フェリーHeartLandFerry
2,860 円
+1,530円(自転車)
15:20
奥尻島
奥尻島観光・宿泊
2日目奥尻島観光・宿泊
3日目08:15奥尻島
(2時間25分)↓ フェリーHeartLandFerry 2,860 円
+1,530円(自転車)
10:40江差港
(5分) ↓ 徒歩
10:45
11:32
姥神町フェリー前
(35分)↓ バス函館バス
函館江差線
1,880円
13:49
14:35
函館駅
(20分)↓ バス函館タクシー株式会社
シャトルバス
450円
14:55
16:45
函館空港
(1時間25分)↓ 飛行機ANA4760 33,490円
18:10
羽田空港
参考 時刻表・運賃表などハートランドフェリー 参考 奥尻島へのアクセス奥尻島観光協会

6. 奥尻島 宿泊施設

布目旅館

磯乃屋

焼尻ゲストハウスやすんでけ

7. 奥尻島 リンク集

参考 奥尻町奥尻町 参考 奥尻島観光協会奥尻島観光協会 参考 ハートランドフェリー ホームハートランドフェリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です