三宅島(伊豆諸島)でサイクリングをしよう!【見どころ攻略!旅プラン紹介】

1. 三宅島(伊豆諸島)サイクリングコース

コース情報

  • 距離:30.04 km
  • 獲得標高:611 m
  • コース上の見どころ:長太郎池・富賀神社・阿古小中学校跡・椎取神社

高度グラフ

高度グラフ – 三宅島(伊豆諸島)

2. 三宅島(伊豆諸島)とは

三宅島(みやけじま)は、本土から南海上175kmに浮かぶ、雄山を最高峰とする水深300 – 400mの海底からそびえるひとつの火山体です。大きさは東京の山手線の内側とほぼ同じです。

約20年周期で噴火を繰り返しており、島内のいたる所で観ることの出来る雄大な火山島景観は、まるで天然の火山博物館のようです。2000年には全島民が島外避難するほどの噴火が起きましたが、2015年には噴火警戒レベルが「2」から「1」に引き下げられるなど、島の生活・観光を取り巻く環境は徐々に回復しています。

今では毎年多くの釣り人やダイバーが訪れるほか、大型の魚を狙う手銛遊漁やプライベートビーチの様に浜辺を独り占めできる海水浴も人気です。

3. 三宅島(伊豆諸島)見どころ

郎池

長太郎池は岩に囲まれた自然のタイドプールとなっており、フィッシュウオッチングやスノーケリングをすることができます。

神社

富賀神社は三宅島の総鎮守の神社です。隔年で行われている富賀大祭時には神輿が6日間かけて島内を回り、東京都指定無形民俗文化財に指定されています。

小中学校跡

いわゆる廃墟です。三宅島の噴火の際に溶岩流がこの学校をめがけて流れ込み、校舎が溶岩流をせき止める形になっています。

神社

2,000年の噴火で大量の土石が社殿と鳥居をなぎ倒し、現在では新たに建てられたものになっていますが、笠木だけを残して埋まったかつての鳥居は残されています。

4. 三宅島(伊豆諸島)アクセス

三宅島へはフェリー飛行機使って行くことができます。

フェリーでは東京湾竹芝ふ頭から大型客船で約6時間で行くことができます。一日1本就航しています。運賃は二等客室6,860円から。

飛行機では調布飛行場から新中央航空の運航する飛行で約50分で着くことができます。

参考 時刻表・運賃表など東海汽船 参考 時刻表・運賃表など新中央航空

5. 三宅島(伊豆諸島)おすすめ旅プラン

東京から2泊3日で、三宅島・御蔵島を旅をするプランとなっています。※自転車に乗るは実質1日です

フェリーは季節によって運航ダイヤが変わるので、あくまで参考程度にごらんください。

交通費は13,300円です。

御蔵島(伊豆諸島)でサイクリングはできない!【見どころ攻略!旅プラン紹介】

参考時期:2019年4月8日~4月26日

日程時間場所備考値段
1日目22:30発東京竹芝ターミナル
(7時間25分)↓ フェリー
東海汽船
大型客船
7,800円
2日目5:55
御蔵島港
<御蔵島散策>
12:35御蔵島港
(50分)↓ フェリー東海汽船
大型客船
1,830円
13:25三池港(三宅島)
<三宅島サイクリング>30km
17:00島内宿泊

3日目13:35発新島港
(7時間10分)↓ フェリー東海汽船
大型客船
6,950円
20:45東京竹芝ターミナル

6. 三宅島(伊豆諸島)宿泊施設

プチホテル あいらんど

やまのべ旅館

ペンションおしどり

7. 三宅島(伊豆諸島)リンク集

参考 三宅島観光協会三宅島観光協会 参考 三宅村三宅村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です