御蔵島(伊豆諸島)でサイクリングはできない!【見どころ攻略!旅プラン紹介】

1. 御蔵島(伊豆諸島)は自転車乗り入れ禁止

注意
御蔵島は自転車乗り入れ禁止の島です。持ってきても島内では乗ることができないので気を付けてください。

2. 御蔵島(伊豆諸島)とは

御蔵島(みくらじま)は、東京都心の南約190km、三宅島の南南東19kmの太平洋上に位置する、ほぼ円形の島です。

御蔵島は周辺に野生のミナミハンドウイルカが生息していることでエコツーリズムの拠点として発展し、全国に名前が知れ渡たりました。ほかに全国有数の巨樹の森として知られ、オオミズナギドリの繁殖地としても有名であります。

島全体が豊かな原生林で覆われているため、島としては珍しく水には恵まれていますが、食料やその他物資などは定期船の入港に左右されるため、悪天候が続けばが不足することもあります。そうした場合、東京から八丈島経由でヘリコミューターを使った輸送を行うこともあります。

3. 御蔵島(伊豆諸島)見どころ

御蔵島はこれといった史跡などはありません。イルカウォッチングやハイキングといったアクティビティがメインとなります。こういったアクティビティには必ずガイドをつけなくてはいけない決まりとなっています。

静かに一人旅をするには、あまり向かない島かもしれません。

4. 御蔵島(伊豆諸島)アクセス

御蔵島へはフェリーヘリコプターを使って行くことができます。

フェリーでは東京湾竹芝ふ頭から大型客船で約7時間で行くことができます。一日1本就航しています。運賃は二等客室7,700円から。

ただ港が貧弱なため船が予定通り着港することは少なく、島に行けない・島から出れないということもよくあるので、旅にはゆとりを持つ必要があります。

ヘリコプターでは、三宅島から10分、運賃12,570円で行くことができます。

参考 時刻表・運賃表など東海汽船 参考 時刻表・運賃表など東京愛らんどシャトル

5. 御蔵島(伊豆諸島)おすすめ旅プラン

注意
御蔵島では必ず宿を予約してからでないと入島することはできません。日帰りは不可能なのです。

東京から2泊3日で、御蔵島を旅をするプランとなっています。

フェリーは季節によって運航ダイヤが変わるので、あくまで参考程度にごらんください。

交通費は15,400円です。

三宅島(伊豆諸島)でサイクリングをしよう!【見どころ攻略!旅プラン紹介】

参考時期:2019年4月8日~4月26日

日程時間場所備考値段
1日目22:30発東京竹芝ターミナル
(7時間25分)↓ フェリー
東海汽船
大型客船
7,800円
2日目5:55
御蔵島港
<御蔵島観光>
17:00島内宿泊

3日目12:40発御蔵島港
(8時間5分)↓ フェリー東海汽船
大型客船
7,800円
20:45東京竹芝ターミナル

6. 御蔵島(伊豆諸島)宿泊施設

御蔵島には宿がいくつかありますが、いずれもキャパシティが小さいため、2,3か月前からの完全予約抽選制をとっている宿がほとんどです。事前に調べてから来島してください。

7. 御蔵島(伊豆諸島)リンク集

参考 御蔵島観光協会御蔵島観光協会 参考 御蔵島村御蔵島村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です